Research History

 コンピュータグラフィックスを中心として、インタラクティブモデリング、感性情報処理など情報技術の基盤学問を研究してきました。現在は、それらの技術をもとにデジタルコンテンツ制作、特にアニメーションやゲーム制作支援手法の開発の研究を行なっています。

 コンピュータグラフィックスの研究では、特に『非写実的な画像生成』および『コンピュータアニメーション』について扱っており、これらの研究成果は映画、ゲームなどの映像制作分野に応用されます。
 インタラクティブモデリングの研究は、スケッチを利用した3次元形状の入力を扱っており、描いたスケッチから3次元モデルを生成する手法を開発しています。これは設計生産におけるデザイン支援システムへ発展しています。
 感性情報処理は人の印象や感性をコンピュータで取り扱う手法を提案するもので、画像や映像の特徴、配色とデザインなどへ展開しています。これは人とコンピュータとのインタフェースを向上させるとともに、映像制作者の知識をコンピュータで扱うことができるようにするデータベース(我々はデジタルスクラップブックと呼んでいます)を構築しています。これらは、映像制作者の知識を体系化する重要な研究です。

Non Photorealistic Renderng  1980~

コミュニケーションを助ける画像表現、インタラクティブレンダリング、絵画表現、リアルタイムCG強調表現などを研究。NPRというキーワードがない時代から、この分野を研究しています。


Interactive Modeling 1983~

図法幾何学を応用したインタラクティブな透視図の作図、2次元投影図から3次元形状復元、フリーハンドスケッチ入力による3次元モデルの生成などのインタラクションとモデリングの研究、さらには、幾何モデル、subdivision surfaceなど研究をしています。


CG Animation 1992~

アニメーションの誇張省略表現。モーションキャプチャデータを利用した動作誇張、Motion Filter,Cartoon Blur, Action line などを提案しました。リアルタイムCGへの応用などにも発展しています。


Kansei Information Processing 1992~

デザイン支援のための画像特徴分析、配色デザイン、感性データベースなどを研究してきました。キャラクターメイキングのための配色デザインにも展開しています。


Digital Contents Creation  2007~

アニメやゲームのためのシナリオライティング、キャラクターメイキング、ライティングやカメラワークの分析とデジタルスクラップブック、デザイン支援手法などの研究をしています。


Contents Producing & Production Technology 2007~

CGアニメーション、ゲームデザインやゲーム制作技術に関係する研究、特にゲームデザインでは、生体情報を利用したデザイン手法の提案やユーザインタフェースデザインの分析と提案、リアルタイムグラフィックスやゲームで利用するためのNPRなどの研究をしています。



Information of Tokyo University off Technology

To Graduate students
Webpage of the Graduate School
Graduate School Guide (ebook, pdf)
Media Science program (English)
Media Science program (Japanese)
Research of Media Science program (Japanese)
Movie in English (in Japanese we page)

To Undergrasuate students
English page
University Guide in English
Movie Library