HOME > publications > Journal Papers

2018年5月3日現在

1. 近藤邦雄, 田嶋太郎, 写真と計算機によるフォト・モンタージュパースの実験, 日本図学会 図学研究23号 1978.9

2. 近藤邦雄, 田嶋太郎, セクション ユニット法によるフォト・モンタージュパース, 日本設計製図学会, 設計製図, Vol.14, №.69 1979.5

3. 近藤邦雄, 田嶋太郎,計算機による多面体の形成 ,日本図学会,図学研究25号, 1979

4. 近藤邦雄, 田嶋太郎,肉眼立体視の手引き,日本図学会 図学研究27号, 1980.9

5. 近藤邦雄, 田嶋太郎,肉眼立体視に関する実験, 日本図学会,図学研究28号1981.3田嶋太郎

6. 近藤邦雄,木村文彦, 曲面の形状感の表現 第1報, 第1報中間調を用いた図の作成,精機学会,精密機械, 第49巻,第12号1983.12

7. 田嶋太郎, 近藤邦雄, 図学教育へのコンピュータグラフィクスの導入, 日本図学会, 図学研究35号,1984.9

8. 近藤邦雄,田嶋太郎,木村文彦,曲面の形状感の表現 第2報ペイントシステムCARPの作成,精密工学会,精密機械,Vol.51,No.61, 1985.6

9. 近藤邦雄, 田嶋太郎,木村文彦, インタラクティブレンダリングシステムによる3次元形状の表現, 情報処理学会,情報処理,Vol.26,No.11, 1985, (情報処理学会創立25周年記念論文賞)

10. 近藤邦雄, 田嶋太郎, 木村文彦, 曲面の形状感の表現 第3報手描き入力による図形作画法, 精密工学会, 精密工学会誌 53(4), pp.607-612, 1987.4.5

11. 近藤邦雄, 田嶋太郎, 木村文彦,レンダリングのための濃淡表現アルゴリズム,日本図学会, 図学研究,Vol.39, 1986.9

12. 近藤邦雄,木村文彦, 田嶋太郎,絵画における濃淡表現の分類と計算機による濃淡表現法,日本図学会,図学研究,Vol.40,1987.3

13. 近藤邦雄,木村文彦, 田嶋太郎, 曲面の形状感の表現 第3報手描き入力による図形作成法,精密工学会誌,Vol.53,No.4,1987.4

14. 近藤邦雄, 木村文彦,田嶋太郎,手描き透視図の視点推定とその応用,情報処理学会論文誌 29(7), pp.686-693, 1988.7.15

15. 近藤邦雄, 木村文彦,田嶋太郎, レンダリングのための対話型透視図作図手法,情報処理学会論文誌 29(8), pp.721-728, 1988.8.15

16. 近藤邦雄,島田静雄,佐藤尚,形状モデラGeomapと NUCE-Basic を用いた形状処理教育, 図学研究, 第51号, pp. 71-74,1990

17. 石井史泰, 近藤邦雄:, パーソナルコンピュータによる三次元リアルタイムグラフィックス-スプライトと走査線割り込みの利用-, 日本図学会, 図学研究, 第49号. pp.1-8, 1990.3

18. 近藤 邦雄,神原 章, 佐藤 尚, 島田 静雄, 尚 鴬武, レンダリングのための対話型線画表現法, 日本図学会,図学研究第55号, pp.11-15, 1992


19. 神原章,近藤邦雄,佐藤尚,島田静雄, 3次元形状表現のための白黒画像の描画法, 情報処理学会, 情報処理学会論文誌 Vol. l34,No. 8, pp. 1762—1769,1993

20. 島田静雄,近藤邦雄,佐藤尚,黒田章裕, 情報工学実験における形状モデリング, 情報処理学会, 情報処理学会論文誌 Vol. l34, No. 11, pp. 2313—2319, 1993
21. 諸原雄大,近藤邦雄,島田静雄,佐藤尚, テキスタイルデザイン画像におけるイメージ・カラーの選定法, 情報処理学会, 情報処理学会論文誌, Vol.36, No.2, pp.329-337, 1995

22. 佐藤修一,近藤邦雄,佐藤尚,島田静雄,金子満, アニメーション制作におけるキャラクタの動作強調手法Motion Filter, テレビジョン学会, テレビジョン学会誌,Vol.49, No.10, pp.1280-1287, 1995

23. 石井真人,近藤邦雄,佐藤尚,島田静雄, 印象語によるチェック柄分類の試み,日本図学会, 図学研究70号, pp.3-11, 1995
24. 近藤邦雄,伊藤素子,猪原徹,佐藤尚,島田静雄, 感性検索のためのボロノイ図の応用, 図学研究,第72号, pp.19-26, 1996

25. 森田孝,佐藤尚,近藤邦雄,島田静雄, ラジオシティ法における相互反射光の並列処理, 画像電子学会,画像電子学会論文誌,第25巻,第4号, pp. 359—371,1996

26. 宮澤貴之,望月義典,近藤邦雄,佐藤尚,島田静雄, 3次元形状を誇張するための投影変換手法, テレビジョン学会, テレビジョン学会誌, Vol.50, No.10, pp.1543-1548,1996

27. 加藤陽一,岩崎謙次, 窪田宏,佐々木和也, 近藤邦雄,清水義雄, Bezier曲面を用いた図形変形法, 日本図学会,図学研究, 第74号, pp.3-12,1996.12


28. 石井真人 近藤邦雄, 図形の構成要素と印象の抽出 -アパレルチェック柄を中心にして- ,日本図学会,図学研究,第77号, pp.9-16,1997

29. 中谷直司,金杉昭徳,近藤邦雄,任意形状ブロックを対象とした一配置手法,エレクトロニクス実装学会誌, Vol.1, No.6,pp.476-482,1997

30. 望月義典, 近藤邦雄,形状特徴表現のためのエッジ強調描画手法, 情報処理学会,情報処理学会論文誌, Vol.40, No.3, pp.1148-1155,1998

31. Masahiro TAKAHASHI, Hisashi SATO, Kunio KONDO, Shizuo SHIMADA,A Manual to Teach Conmputer Graphics by JAVA, Journal for Geometry and Graphics.(Heldermann Verlag) ,Volume 2(1998), Number 1. pp.101-108,1998.10

32. 松田浩一,近藤邦雄,手書き図形入力のための時系列情報を利用した逐次清書法, 情報処理学会,情報処理学会論文誌, Vol.40, No.2, pp.594-601,1998

33. 石井真人, 近藤邦雄, アパレル図柄の感性情報抽出システム,日本図学会,図学研究,Vol.32,No.3,pp.27-34,1998
34. 中谷直司, 金杉昭徳, 近藤邦雄,任意形状ブロックを対象とした一配置手法 エレクトロニクス実装学会誌, Vol.1, No.6, pp.476-482, 1998. 11.


35. 望月義典,近藤邦雄, 細分割曲面の輪郭線描画手法,情報処理学会論文誌, Vol.41, No.3,pp.601-607,1999

36. 三浦 貴宏, 徐 崢, 近藤 邦雄, 細分割曲面のメッシュ数削減のための分割制御手法,日本図学会, 図学研究,Vol.33, No.2,pp.63-70,1999

37. 徐 崢, 近藤 邦雄, Fillet Operations with Recursive Subdivision Surfaces,画像電子学会, Vol.28, No.4, pp.329-338,1999
38. Zheng Xu, Kunio KONDO, Introducing Feature Values for Effective Specification of Polyhedral Networks, 情報処理学会, 情報処理学会論文誌, Vol.41, No.3,pp.742-749,1999
39. 松田浩一, 近藤邦雄, スケッチ情報を利用した手描きによる細分割曲面生成法, 情報処理学会,情報処理学会論文誌, Vol.41, No.3, pp.551-558,1999
40. 松田浩一,近藤邦雄, 手描き断面線を用いた細分割曲面生成手法,日本図学会, 図学研究, Vol.34, No.1, pp.17-22,1999

41. Hideki Yamazaki , Kunio Kondo, A Method of Changing a Color Scheme with Kansei Scales, Journal for Geometry and Graphics, Vol.3, No.1, pp.77-84,(Selected paper of ICECGDG),1999

42. 石井真人 近藤邦雄,クラスター特性関数を用いた主観的評価差に対応する画像検索法, 日本図学会, 図学研究, Vol.33, No.3, pp.13-19, 1999

43. 朱 仲武,王 樵,近藤邦雄, ベルーズ・ファー, 汎用的なWebベース個人適応型学習支援環境構築ツールWWW-CALISTとその仕様について, 教育システム情報学会, 教育システム情報学会論文誌春号, Vol.16, No.1,pp.14-24,1999

44. 近藤邦雄,高橋雅博,松永政尚,山嵜秀樹, 画像データベースのためのイメージカラー検索手法, 映像情報メディア学会, 映像情報メディア学会誌, Vol.54,No.11, pp.1615-1622,2000

45. 中谷直司,金杉昭徳,近藤邦雄,ウイルス進化論に基づく進化型アルゴリズム, 情報処理学会,情報処理学会論文誌Vol.40,No.5, pp.2346-2355,2000
46. Zheng Xu, KONDO.K, Introducing Feature Values for Effective Specification of Polyhedra Networks,情報処理学会論文誌, Vol.41, No.3,pp.742-749, 2000.3

47. 松田浩一,近藤邦雄, スケッチ情報を利用した手描きによる細分割曲面生成法, 情報処理学会, 情報処理学会論文誌, Vol.41, No.3, pp.551-558,2000.3

48. 望月 義典,近藤邦雄, 細分割曲面の輪郭線描画手法, 情報処理学会,情報処理学会論文誌, Vol.41, No.3,pp.601-607 2000.3

49. 松田浩一,近藤邦雄,手描き断面線を用いた細分割曲面生成手法,日本図学会, 図学研究, Vol.34, No.1, pp.17-22, 2000.3
50. 近藤邦雄,佐藤尚,町田芳明,増田伸二,星野 伸行,デジタルモデリングによる3次元立体の復元と複製,日本図学会, 図学研究,Vol.35,No.2, pp.7-11,2001.6

51. Zheng XU, Kunio KONDO, Fillet Operation with Recursive Subdivision Surfaces, Geometric Modelling, Theoretical and Computational Basis towards Advanced CAD Applications, IFIP —The International Federation for Information Processing Volume 75, pp 269-284 ,2001

52. 松田浩一,鈴木俊博,静春樹,近藤邦雄,スケッチインタプリタシステム:手描き陰影による3 次元形状制御法,情報処理学会,情報処理学会論文誌, Vol.44,No.11,pp.2547-2555, 2003.11,

53. Yusuke HAMASAKI, Kunio KONDO, Image Generation Method using Synthesis and Control of Rendering Region, Asia Digital Art and Design Association, International Journal of ADADA, Vol.1, pp.31-36, 2004.4,

54. Hiroki IMAHASHI, Kunio KONDO, Yoshiaki MACHIDA ,Masahiro TAKAHASHI, Knowledge Based Color Coordinate System and its Application, Asia Digital Art and Design Association, International Journal of ADADA, Vol.1, pp.37-42, 2004.4

55. Koichi Matsuda, Kunio Kondo, Keyframes Extraction Method for Motion Capture data, International Society for Geometry and Graphics, Journal for Geometry and Graphics, Volume 8, No.1, pp.81-90 ,2004,

56. 近藤邦雄,作品制作とプログラミングによるコンピュータグラフィックス教育,日本図学会,図学研究,近藤邦雄,2004,

57. Weizhong LIU, KONDO K, An Adaptive Scheme for Subdivision Surfaces based on Triangular Meshes subdivision, Journal for Geometry and Graphics Volume 8, No.1, pp.69-80, 2004.8

58. 近藤邦雄,立体復元CADによる投影図を用いた3次元形状生成の教育,日本図学会,図学研究,2004,

59. 斎藤隆文,近藤邦雄 ,最新コンピュータグラフィックス-基礎から応用まで-「NPR」, 画像電子学会, 画像電子学会誌, 第33巻, 第4-B号, pp.642-650 ,2004.9,

60. 近藤邦雄,面出和子,鈴木賢次郎 ,図学および図的表現法に関する教育実状調査,日本図学会,図学研究,第39巻,第1号,通巻107号,pp.3-8,2005.3,

61. 今間俊博,近藤邦雄,栗山仁,古家嘉之,モーションキャプチャデータを用いた加速度制御手法によるメンタルモーション生成,日本図学会,図学研究,第39巻第2号通巻108号,pp.3-10,2005.6

62. Kunio Kondo,Kazuko Mende ,Kenjiro Suzuki ,Present Status of Graphics Science and Graphics Representation Education in Japan, International Society for Geometry and Graphics, Journal for Geometry and Graphics, volume 9 ,No.1, pp.77-87,2005

63. 今間俊博,近藤邦雄,栗山仁,古家嘉之, メーションキャプチャデータを用いた加速度制御手法によるメンタルモーション生成, 日本図学会,図学研究, 第39巻,第2号,通巻108号, pp.3-10,2005.6

64. K. Kondo, H. Shizuka, W. Liu, K. Matsuda,A Sketch Interpreter System with Shading and Cross Section Lines, Journal for Geometry and Graphics, Volume 9, No.2, pp.177-189, 2005

65. KONDO Kunio, IWABUCHI Eitaro, Non Photorealistic Rendering using Photon Brushes, Asia Digital Art and Design Association, International Journal of Asia Digital Art and Design Association, Vol.4, 2006.3,

66. Wei Xin, Kunio Kondo, Kei Tateno, Toshihiro Konma, Key Pose Extraction Method from Motion Capture Data for Making 2D Animation, Asia Digital Art and Design Association, International Journal of Asia Digital Art and Design Association, Vol.5, 2006.12,

67. Yukiko UNAMI, Kunio KONDO, Area Segmentation and Color Exaggeration for Image Synthesis, Asia Digital Art and Design Association, International Journal of Asia Digital Art and Design Association, Voi.5, pp.38-43, 2006.12

68. Shoichi OBAYASHI, Kunio KONDO, Toshihiro KOMMA, Ken-ichi IWAMOTO, Nonphotorealistic motion blur for 3D animation, Asia Digital Art and Design Association, International Journal of Asia Digital Art and Design Association,2007.6

69. Xin Wei Kunio Kondo Kei Tateno Toshihiro Konma Tetsuya Shimamura, Discrete Wavelet based Keyframe Extraction Method from Motion Capture Data, Asia Digital Art and Design Association, International Journal of Asia Digital Art and Design Association,2007.6

70. 近藤邦雄,鈴木和明,斉藤豪,単一オブジェクト写真からドット絵風のキャラクタ画像を生成する手法の提案, 電子情報通信学会,電子情報通信学会論文誌, 200812

71. 米山孝史,源田悦夫,近藤邦雄,視覚パラメータに基づく絵画風画像生成手法, 日本図学会,図学研究, Vol.43, No.4, pp.13-21,2009.12 (研究論文賞)

72. Takashi Yoneyama, Etsuo Genda, Kunio Kondo,Artistic Rendering of 3D Models with Levels of Abstraction, International Journal of ADADA,アジアデジタルアートアンドデザイン学会,Vol.9-10,pp.13-20,2009.12

73. KONDO Kunio, Interactive Geometric Modeling Using Freehand Sketches ,International Journal of Geometry and Graphics, International Society of Geometry and Graphics,Vol.13, No.2, pp.195-207 ,2010

74. 兼松 祥央, 三上 浩司, 近藤 邦雄, 金子 満 :映像分析に基づくライティング情報のディジタル化とその活用に関する研究, 芸術科学会,芸術科学会論文誌,第9巻, 第2号,pp.66-72, 2010

75. 兼松祥央,三上浩司,近藤邦雄,金子満,映像分析に基づくライティング情報のディジタル化とその活用に関する研究,芸術科学会,芸術科学会論文誌,Vol.9,No.2, pp.66-72,2010

76. 渡辺賢悟,伊藤和弥,近藤邦雄,宮岡伸一郎,Poisson Image Editingを用いたキャラクタコラージュシステムの開発,芸術科学会,芸術科学会論文誌,Vol.9, No.2,pp.58-65,2010.6

77. Koji Mikami, Taichi Watanabe, Katsunori Yamaji, Kenji Ozawa, Motonobu Kawashima, Akinori Ito, Ryota Takeuchi, Kunio Kondo, Mitsuru Kaneko ,Construction Trial of a Practical Education Curriculum for Game Development Through Industry- University Collaboration, Computer & Graphic Journal An International Journal of Systems & Applications in Computer Graphics ,34, pp.791-799, 2010.11,

78. 戀津魁,菅野太介,三上浩司,近藤邦雄,金子満, 映像制作支援のためのシナリオ記述・構造化システムの開発, 芸術科学会,芸術科学会論文誌,Vol.10,No.3,2011.9

79. 近藤邦雄,伊藤彰教,三上浩司,渡辺大地, Example Based Programmingに基づくCG制作の入門教育,日本図学会図学研究,第45巻, 第3号,pp.3-10,2011.9

80. 金 剛元,三上浩司,伊藤彰教,近藤邦雄,ストーリーマンガ制作のための段階的なネーム構成支援手法,日本図学会,図学研究,第45巻4号,pp.11-20,2011.12

81. 松尾隆志,三上浩司,渡辺大地,近藤邦雄,リアルタイム3DCGにおける物体の形状を考慮した輪郭線の誇張表現手法の提案,芸術科学会, 芸術科学会論文誌,第10巻 ,第4号, pp.251-262,2011.12

82. Koji Mikami, Taichi Watanabe, Katsunori Yamaji, Kenji Ozawa, Motonobu Kawashima, Akinori Ito, Ryota Takeuchi, Kunio Kondo, Mitsuru Kaneko, Construction Trial of a Practical Education Curriculum for Game Development Through Industry-University Collaboration, Computer & Graphic Journal, An International Journal of Systems & Applications in Computer Graphics, Vol.34, pp. 791-799,2011.11

83. Ryota Takeuchi, Taichi Watanabe, Koji Mikami, Kunio Kondo, Proposal of digital sculpting with history management of strokes,芸術科学会論文誌,Vol.11, No.4, 2012.12

84. Kenneth Chan, Koji Mikami and Kunio Kondo, From Brain Waves to Game Design: A Study on Analyzing and Manipulating Player Interest Levels, Art and Science Society, The Journal of the Society for Art and Science,Vol.10,No,3,pp.59-68,2012.9

85. 田中希,岡本直樹,茂木龍太,近藤邦雄,三上浩司,デフォルメテンプレートを用いた飛行機キャラクター制作のためのデザイン原案作成支援手法, 日本図学会,図学研究,第46巻, 第1号,pp.11-20, 2012.3

86. Arif Muntasa, Mochammad Kautsar Sophan, Mauridhi Hery P., Kondo Kunio, The Hatching Facial Sketch Representation based on Mixture Model, International Journal of Advancements in Computing Technology,IJACT,4(3), pp.239-249, 2012 (スラバヤ工科大学との初の共同研究成果)

87. Arif Muntasa, Mochammad Kautsar Shopan, Mauridhi Hery Purnomo, Kondo Kunio, Enhancement of the Adaptive Shape Variants Average Values by Using Eight Movement Directions for Multi-Features Detection of Facial Sketch, Information and Communication Technology, Journal -ITB, 6C(1),pp.1-20,2012


88. 兼松祥央,三上浩司,近藤邦雄,照明設計支援システムのためのシナリオ情報を用いた登録・検索手法,日本図学会,図学研究,第47巻,2,3合併号,2013.9

89. 小島 啓史,竹内亮太,三上 浩司,渡辺 大地,特徴的な動き方を考慮したオーロラのビジュアルシミュレーション,芸術科学会,芸術科学会論文誌,第12巻,1号,2013.3

90. 松尾隆志,三上浩司,渡辺大地,近藤邦雄,形状の特徴や動的な変形を考慮したリアルタイム3DCGにおける輪郭線の誇張表現手法,映像情報メディア学会,映像情報メディア学会誌,Vol.67, No.2,2013.3

91. Takahiro Tsuchida, Ryuta Motegi, Naoki Okamoto, Koji Mikami, Kunio Kondo Mitsuru Kaneko, Character Development Support Tool for DREAM Process, Asia Digital Art and Design Association, International Journal of Asia Digital Art and Design Association,Vol.16, pp.4-12, 2013.4

92. Pulung Nurtantio Andono, I Ketut Eddy Purnama, Mochamad Hariadi, Taichi Watanabe, and Kunio Kondo,3D Surfaces Reconstruction of Seafloor Images Using Multiview Camera Based on Image Registration, Information Engineering research Institute, Lecture Notes in Information Technology (ISSN: 2070-1918) Advanced in Information Technology, Volume 39,pp.227-235,2013.12

93. ARIF MUNTASA, MOCHAMMD KAUTSAR SOPHAN, MOCHAMAD HARIADI, MAURIDHI HERY PURNOMO, KUNIO KONDO,A NEW MODELING OF THE LANDMARK MOVEMENT BASED ON THE PREVIOUS MOVEMENT RESULTS TO DETECT THE FACIAL SKETCH FEATURES, Journal of Theoretical and Applied Information Technology,2013.1

94. Satoshi Nakajima, Mikio Shinya, Michio Shiraishi,Hidetsugu Katsuragawa, Motonobu Kawashima, Kunio Kondo,Practical CG-based Video Materials for Tai Chi Chuan Self-study,IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing2(1),pp.59-66(IIEEJ The Institute of Image Electronics Engineers of Japan),2014.6

95. Rusmono Yulianto, Mochamad Hariadi, Mauridhi Hery Purnomo, Kunio Kondo,ITERATIVE FUNCTION SYSTEM ALGORITHM BASED A CONFORMAL FRACTAL TRANSFORMATION FOR BATIK MOTIVE DESIGN,JOURNAL OF THEORETICAL AND APPLIED INFORMATION TECHNOLOGY (E-ISSN 1817-3195 / ISSN 1992-8645)62(1),2014.

96. Rusmono Yulianto, Mochamad Hariadi, Mauridhi Hery Purnomo, Kunio Kondo, BATIK ORNAMENT GENERATOR THROUGH BOX COUNTING BASED FRACTAL DIMENSION USING GAUSSIAN DISTRIBUTION,JOURNAL OF THEORETICAL AND APPLIED INFORMATION TECHNOLOGY (E-ISSN 1817-3195 / ISSN 1992-8645),2014.8

97. 小島啓史, 竹内亮太, 石川知一, 三上浩司 , 渡辺大地 , 柿本正憲 , 近藤邦雄,分断と再統合現象を考慮したオーロラのビジュアルシミュレーション, 情報処理学会, 情報処理学会論文誌,55(8),2014.8

98. 小島啓史, 竹内亮太, 石川知一, 三上浩司 , 渡辺大地 , 柿本正憲 , 近藤邦雄,分断と再統合現象を考慮したオーロラのビジュアルシミュレーション, 情報処理学会, 情報処理学会論文誌,55(8),2014.8

99. Endang Setyati, Surya Sumpeno, Mauridhi Hery Purnomo, Koji Mikami, Masanori Kakimoto, Kunio Kondo, Phoneme-Viseme Mapping for Indonesian Language Based on Blend Shape Animation, IAENG International Journal of Computer Science, Vol.42, No.3, pp.233-244, 2015.7

100. 李 磊, 石川 知一,三上 浩司,柿本 正憲,近藤 邦雄:水墨画風CG画像生成のための多視点投影手法、日本図学会図学研究第49巻2号(通巻146号)、pp.13-20、2015.6

101. 戀津 魁, 三上 浩司, 近藤 邦雄,香盤表作成のための構造化シナリオを用いたシーン情報抽出手法.芸術科学会論文誌,Vol.14,No.5,pp.229-237, NICOGRAPH2015(Journal Track), 2015.11 

102. Tomokazu ISHIKAWA, Yonghao YUE, Taichi WATANABE, Kei IWASAKI, Yoshinori DOBASHI, Masanori KAKIMOTO, Kunio KONDO, Tomoyuki NISHITA, Visual Simulation of Glazed Frost Using Hybrid Heat Calculation, IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, Vol.5,No.2,2015.12

103. R. Motegi, Y. Kanematsu, T. Tsuchida, K. Mikami, K. Kondo, Color Scheme Scrapbook Using A Character Color Palette Template,Journal for Geometry and Graphics, Volume 20 (2016), No. 1, 101–112.2016.7

104. Koji Mikami1, Yosuke Nakamura, Akinori Ito, Motonobu Kawashima, Taichi Watanabe, Yoshihiro Kishimoto, Kunio Kondo: Effectiveness of Game Jam Based Iterative Program for Game Production in Japan Computers & Graphics, 2016.8

105. 兼松祥央,茂木龍太,三上浩司,近藤 邦雄,3DCG映像制作のための演出支援ライティング教材の提案,日本図学会図学研究,第50巻3号(通巻151巻),2017.1

106. 菅野 太介,三ヶ尻 達哉,三上 浩司,近藤 邦雄,映画作品における試練要素分析に基づいたプロット制作支援,画像電子学誌 第46巻 第1号(通巻239号),2017.1

107. 兼松 祥央,竹本 祐太,茂木 龍太,鶴田 直也,三上 浩司,近藤 邦雄,ロボットアニメーションにおけるポーズ制作支援システムの開発, 画像電子学誌 第46巻 第1号(通巻239号),ショートペーパー,2017.1

108. Motegi Ryuta, Tsuji Shota, Kanematsu Yoshihisa, Mikami Koji, Kondo Kunio.ROBOT CHARACTER DESIGN SIMULATION SYSTEM USING 3D PARTS MODELS, International journal of Asia digital art and design, Vol.21, No.2, pp.81-86, 2017.11

109.Ryuta Motegi, Yoshihisa Kanematsu, Naoya Tsuruta, Koji Mikami,Kunio Kondo, Color Scheme Simulation for the Design of Character Groups, Journal for Geometry and Graphics Volume 21, No. 2, pp.253-262,2017.12



Information of Tokyo University off Technology

To Graduate students
Webpage of the Graduate School
Graduate School Guide (ebook, pdf)
Media Science program (English)
Media Science program (Japanese)
Research of Media Science program (Japanese)
Movie in English (in Japanese we page)

To Undergrasuate students
English page
University Guide in English
Movie Library