HOME > Research > Research topics

Non Photorealistic Rendering



コンピュータグラフィックスの研究には表現効果を追求することから非写実的な画像生成手法があります。コミュニケーションを助けるために非写実的な画像の役割はきわめて大きいです。 本研究室では、早くからこの課題に取り組んでおり、学会などで多数の研究論文を投稿し高い評価を得ています(情報処理学会記念論文賞受賞)。 輪郭線描画,誇張投影手法、また、人の視覚特性を生かした画像や3次元モデルを絵画調に変換する手法を研究しています(日本図学会研究論文賞受賞)。くわしくはこちら

Computer Animation



映画・ゲームなどにコンピュータアニメーションが利用されています。本研究室では人の動作を表現するための手法を研究してきました。特にアニメーションにおける特徴的誇張動作を自動的に生成する手法を開発してきました。これらの研究は、国内のいくつかの企業との共同研究として行ってきました(情報処理学会全国大会奨励賞受賞)。モーションキャプチャを利用した動作編集や加工などの研究、動作データベースなどの研究などもMotin Filter, Cartoon Blurなど海外の研究者も引用する研究に発展しています。詳しくはこちら

Game Producing


ゲーム プロデューシングとデザインに関係する研究を紹介します。
ゲームデザインの手法を提案するために、生体情報を用いた分析や評価実験などを行っています。詳しくはこちら


Game Production Technology


ゲーム制作技術に関係する研究を紹介します。CGアニメーション、キャラクターメイキング、演出、シナリオライティングなどコンテンツ制作に関係する研究とも密接な関係があります。
詳しくはこちら

Character Making
DREAM method



アニメやゲームのためのシナリオライティング、キャラクターメイキング、ライティングやカメラワークの分析とデジタルスクラップブック、デザイン支援手法などの研究をしています。学部内の研究プロジェクト名は、コンテンツプロデューシング、コンテンツプロダクションテクノロジーです。熟練したコンテンツ制作者の制作知識を体系化して高度な制作手法を提案することを目標としています。詳しくはこちら

Direction method using Digital Scrapbook



アニメやゲームのためのシナリオライティング、キャラクターメイキング、ライティングやカメラワークの分析とデジタルスクラップブック、デザイン支援手法などの研究をしています。学部内の研究プロジェクト名は、コンテンツプロデューシング、コンテンツプロダクションテクノロジーです。熟練したコンテンツ制作者の制作知識を体系化して高度な制作手法を提案することを目標としています。詳しくはこちら

Senario Writing



映画・ゲームなどにコンピュータアニメーションが利用されています。本研究室では人の動作を表現するための手法を研究してきました。特にアニメーションにおける特徴的誇張動作を自動的に生成する手法を開発してきました。これらの研究は、国内のいくつかの企業との共同研究として行ってきました(情報処理学会全国大会奨励賞受賞)。モーションキャプチャを利用した動作編集や加工などの研究、動作データベースなどの研究などもMotin Filter, Cartoon Blurなど海外の研究者も引用する研究に発展しています。詳しくはこちら


Interactive Modeling



デザイナが紙を利用して描くスケッチには極めて多くの情報が含まれています。本研究はコンピュータを利用して、スケッチをしながら3次元形状を入力しようという目標をもっているます。デザイナの協力のもとに、実用として活用できるようにするために基本技術を開発してきました。スケッチを通してコンピュータとのインタラクションをしながら、さまざまな形状を制作する手法を研究しています。また、自由曲面形状を生成するためのひとつの手法である細分割曲面に関連した研究を行ってきました。SketchInterpreterはこちらModelingはこちら

Kansei Information Processing



デザイン画像の感性検索とデザイン支援システム、配色デザインシステム、配色を利用した画像検索、画像の配色変換システムなどの研究を行っています。人間の感性をコンピュータで取り扱うために、画像や配色の物理的な情報と感性の関係を統計分析して、数値化することを行ってきました。詳しくはこちら

CG, Content Producing Eduation



大学におけるCG,アニメーション、ゲームなどの教育をより良く行うためにさまざまな工夫をしてきました。大学において、CGエンジニア向け、CGクリエーター向けなど多様な講義演習を担当してきました。このような講義をより良く実施するために、新しい教育方法を提案しています。CG教育はこちらコンテンツ制作教育はこちら